HANYA’S DIARY

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit
   

グチ

飛行機で

 
イギリス旅行で、外国系エアラインを選んだ。客室乗務員の対応が、おもしろかった。
ひとつは、日系エアラインとすると「気が利かない」ことがわかった。ちょとしたところが気づかない、前しか見ていない。日本人クルーでさえもだ。ひとり、年配の日本人女性クルーが乗っていたが、あまり接客には向かない容姿なのに、すごく心配りのできる人だった。すべての客に目が行き届き、自分も見習わなければならないと思った。まあ、それが日系では普通なのだが、外国系だと目立つのだ。このサービスは、日本は世界一だと思う。どこも真似できない。自分が日本人に生まれてからこそ、外国に出たときに気づく日本のよさだ。
スポンサーサイト



   

~ Comment ~

No title 

私は最近はアメリカの飛行機にしか乗ってないから、他の国の事はわかんないけど、アメリカは最悪だよねッ!サービスのサの字もないし、みんな太ってるし、オバハンだし。航空業界自体腐りきってるからしょうがないのかもね…もう完全に諦めモードだよ。やっぱり日本が一番だよね。

No title 

「腐りきってる」っておもしろいね。確かに!!
日本はおもてなしだからね。一期一会とかもあるし!
あとは機内食だよね。すしが食べたかった・・・。
一度はファーストクラスに乗ってみたいね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。